WebアプリケーションのUI可視化ツール「Rigi」

アジャイル型開発プロジェクトのための翻訳プラットフォーム
UIテキストを実際の画面上で確認しながら多言語化を実現。

Rigiの特徴

画面を見ながらUIテキスト翻訳できるだけでなく、ローカリゼーションプロセス全体を効率化

Rigiは、WebアプリケーションのUI可視化に特化したクラウドベースのプラットフォームです。Rigiを用いることで、WebアプリケーションのUI翻訳における各種課題を解決し、ローカリゼーションプロセス全体を効率化することができます。

*RigiはRigi.io(オランダ)が開発し、販売するクラウドサービス(https://rigi.io/)です。
*川村インターナショナルはRigiの日本国内における代理店です。



コード変更が不要

Rigiの導入は簡単です。開発中のコードに手を加えたり、専用の開発環境を変更したりすることなく利用できるので、開発の邪魔になりません。

翻訳プロセスとシームレスに統合

Rigiを各種翻訳支援ツール(CATツール)と連携させることにより、既存の翻訳プロセスを変更することなく、Rigiの機能を活用することができます。

開発プロセス全体を効率化

翻訳プロセスでRigiを活用することで、開発~翻訳~テストという一連の流れを最適化することができます。アジャイル型の開発サイクルに翻訳や画面テストを組み込むことができ、開発プロセス全体の効率が上がります。

マルチプラットフォームに対応

Webアプリケーション、組込系ソフトウェア、WPFなど、さまざまなファイル形式のサポートを含め、複数のプラットフォームをローカライズできます。

解決できる課題

翻訳を外注したけど画面イメージが伝わっておらずトンチンカンな翻訳に・・・
翻訳されたUIテキストの画面確認が大変・・・
ドキュメント向けスクリーンショット取得が大変・・・

Rigiの主な機能

REASON
01

実際の画面を見ながら翻訳(TIC)

翻訳者は、自身が翻訳するUIテキストを実際の画面上で確認しながら翻訳することができるだけでなく、翻訳結果が即座に画面に反映されるため、文脈間違いによる手戻りを大幅に減らすことができます。
Rigi画面
品質保証テスト画面
REASON
02

翻訳結果を手軽にチェック(LAT)

RigiのリアルタイムHTMLプレビューを活用することで、翻訳後のテキストを開発環境に戻すことなく、翻訳環境の中でシームレスにチェックすることができます。また、修正指示などのコメントをRigi上に記録することができるため、修正のやりとりを一元管理することができます。
REASON
03

多言語ドキュメントのスクリーンショットを効率化(DOC)

Rigiを用いることで、1回の画面キャプチャで複数言語分のスクリーンショットを一度に取得することができます。これにより、マニュアルやヘルプなどのドキュメント向け画面キャプチャの取得工数を大幅に削減することができます。
スクリーンショットの一括取得イメージ

ご利用の流れ

FLOW
ヒアリング・デモ

ヒアリング・デモ

まずは、無料デモをご依頼ください。専門のコンサルタントがお客様のご不明点や課題、要件をお伺いします。開発状況の変化に合わせたプラン変更などにも対応可能です。

トライアル

トライアル

2週間の無償トライアルをお試しください。実際にRigiをご利用いただき、その機能をフルにご利用いただきながら検討いただきます。

申込み・導入準備

申込み・導入準備

Rigiの機能にご満足いただけましたら、お申込みください。お申し込みから導入までをコンサルタントがサポート致します。

アフターサポート

アフターサポート

導入後のサポート体制もご安心ください。また、翻訳の外注が必要になった場合は当社翻訳サービスをご利用いただくことで、Rigiを利用した翻訳をワンストップで提供可能です。

よくあるご質問

Q&A

どんなWebアプリケーションでも導入可能ですか?

前提として、UIテキストがリソース化(外部化)されている必要があります。

最小契約期間を教えてください。

契約期間は12か月で、原則1年単位の更新となります。

どのようなアプリケーションに対応していますか?

Webアプリケーション全般のほか、各種PIM、CMS、モバイルアプリケーションにも対応しています。

どのような形式のファイルに対応していますか?

properties、json、resx、yaml、poなどに対応しています。
*その他の形式についてはお問い合わせください。

Rigiを使って翻訳作業をすることはできますか?

はい、Rigiにはブラウザで利用可能なオンラインエディタが備わっており、追加のソフトウェアをインストールすることなく翻訳することができます。

翻訳支援ツールを使用して翻訳することができますか。

はい、Rigiから翻訳用ファイルをエクスポートすることで、SDL Passolo、SDL Trados Studio、memoQ、XTMを使って翻訳することも可能です。もちろん、画面プレビュー機能もご利用いただけます。

翻訳担当者以外がRigiを使うことはできますか?

はい、レビューアー権限で利用することで、画面チェックとコメント機能のみを利用することができます。主な利用方法としては以下が挙げられます。

・外注先で翻訳した結果を画面で確認し、修正指示を記入する
・翻訳結果のチェックを海外の現地法人に依頼し、修正指示を記入してもらう

開発プロジェクトの多言語化をご検討中の方は お気軽にご相談ください

詳しい資料はこちらから
ご請求ください。
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
© Kawamura International Co., Ltd. All Rights Reserved.