翻訳とコトバを変革するAPI

サービスの詳しい資料請求はこちら

LDX hubの特徴

言語(Language)のデジタル変革(DX)には、デジタルデータの変換・加工等を支援する柔軟なソリューションが不可欠です。LDX hubは、言語サービスの課題を解決するための豊富なAPI群を提供し、それらの自由な組み合わせをサポートします。1つのドキュメントの入力を起点に、様々な変換・加工・機械翻訳処理を連鎖させ、ニーズに応じた多種多様な出力を得ることが可能です。
※ドキュメント処理技術において、日本国内の特許を取得。特許番号:特許第6993751号(P6993751)

こんな課題はありませんか?

自社システムと機械翻訳と連携させたいが開発する手間とコストが気になる
多種多様な変換・加工・機械翻訳処理をワンストップで試したい
そもそも自社にエンジニアがいない

LDX hubを利用すると、これらの課題をすべて省力化できます。

2,000通り以上の処理の組み合わせから、課題解決・活用/連携をサポートいたします。API連携も継続して拡張し続けます。ご要望に応じて、新しい書式への対応、自社用ツールとの連携、新たな機械翻訳エンジンとの連携も可能です。
REASON
01

様々な書式のI/Oを処理

MicrosoftアプリケーションやPDFのテキスト化はもちろん、TIFからのOCR処理や、XLIFF、HTML、XMLの入出力も可能。形態素解析にかけたり、機械翻訳、機械学習などに連携したりできます。
REASON
02

連携可能な機械翻訳・機械学習サービス

Google Cloud Translation Advanced、Amazon Translate、DeepL、Microsoft Translator、IBM Watson Language Translator、SAP Translation Hub、SYSTRAN Translate、ModernMTのほか、自社サービスみんなの自動翻訳@KI、Globaleseとも連携します。ご要望に応じて、ほかの機械翻訳サービス、学習エンジンとの連携も検討します。
REASON
03

中間ファイルの入手も可能

OCR処理後のテキストデータのみ、機械翻訳処理後のWordファイルなどのように、入出力後、翻訳・変換後の一気通貫のプロセスで生成される中間データも活用することができます。
REASON
04

組み合わせも自由自在

処理の組み合わせは2,000通り以上。ご要望に応じて、新しい書式への対応、自社用ツールとの連携、新たな機械翻訳エンジンとの連携も可能です。

LDX hubダッシュボードデモ & サンプルアプリケーション

サンプルアプリケーションとして、テキスト翻訳・ファイル翻訳をご用意しています。これらはLDX hubの一部のAPIを使った非常に限定的な例です。LDX hubで利用可能なAPI(*1)は様々なものがありますので、それらを組み合わせて多様なアプリケーションを構築することが可能です。詳細はお気軽にご相談ください。

利用方法


1. サインイン直後に表示される「ダッシュボード」では、この環境を構成するLDX hub(デモ環境専用)の稼働状況をリアルタイムにご確認いただけます。
2. 左上のメニューバーより、テキスト翻訳・ファイル翻訳のデモをお試しください。
3. 各サンプルアプリケーションは、翻訳処理文字数やファイルサイズ、一日の利用回数に制限がございます。制限のないトライアルについてはお気軽にお問い合わせください。

*1: LDX hubで利用可能な主なAPI(抜粋)

・PDF変換 (入力: PDF、出力: Word/Excel/PowerPoint)
・OCR (入力: PDF/TIFF/JPEG/PNG/BMP、出力: Word/Excel/PowerPoint)
・テキスト抽出 (入力: Word/Excel/PowerPoint/Text/HTML/XML/SRT、出力: XLIFF)
・形態素解析 (入力: PDF/Word/Excel/PowerPoint/Text、出力: Excel)
・翻訳(*2) (入力: Word/Excel/PowerPoint/Text/HTML/XLIFF/XML/SRT/MQXLIFF/SDLXLIFF、出力: 元のフォーマット)
・音声文字起こし (入力: WAVE/MP3、出力: Text)
・音声合成 (入力: Text、出力: WAVE)

*2: LDX hubで利用可能な主な機械翻訳エンジン(抜粋)

  • みんなの自動翻訳@KI
  • Google Cloud Translation Advanced
  • Microsoft Translator
  • Amazon Translate
  • DeepL
  • SAP Translation Hub
  • IBM Watson Language Translator
  • Globalese 4
  • Globalese 2.1
  • Rozetta T-4OO
  • SYSTRAN Translate
  • ModernMT
  • Intento

LDX hubダッシュボードデモ & サンプルアプリケーションご利用の際の注意事項

テキスト翻訳デモアプリケーションの制限
  • 選択可能な機械翻訳エンジンは「みんなの自動翻訳@KI」に限定され、一度に翻訳可能な文字数は500文字に制限されています。
  • みんなの自動翻訳@KI(デモ版)では、商用利用を想定しておりません。翻訳速度を抑制していますので、商用システムより処理時間がかかることがあります。
  • LDX hub APIの本機能には制限はありませんので、制限のないトライアルについてはお気軽にお問い合わせください。ダッシュボードは二要素認証やSSO(Okta、Keycloakなどとの連携)に対応しています。
ファイル翻訳デモアプリケーションの制限
  • 選択可能な機械翻訳エンジンは「みんなの自動翻訳@KI」に限定され、一度に翻訳可能な文字数は3000文字に制限されています。また、PDFは最大10ページまでを処理し、残りのページはカットします。
  • みんなの自動翻訳@KI(デモ版)では、商用利用を想定しておりません。翻訳速度を抑制していますので、商用システムより処理時間がかかることがあります。
  • LDX hub APIの本機能には制限はありませんので、制限のないトライアルについてはお気軽にお問い合わせください。ダッシュボードは二要素認証やSSO(Okta、Keycloakなどとの連携)に対応しています。
  • 暗号化されたファイルやパスワードで保護されたファイルはエラーとなります。
お客様のデータの取り扱い
  • お客様のデータは翻訳処理およびダウンロードのために最大24時間保管され、その後直ちに破棄されます。
  • 保管期間中に他のデモユーザから閲覧・取得されることはありません。
  • デモアプリケーション提供以外の目的に利用されることはありません。
免責事項
  • 当社は、本サービスの正確性、確実性、有用性を含めて、本サービスがお客様の特定の利用目的に合致すること及びお客様における特定の結果の実現を保証するものではありません。
  • 当社は、お客様があらゆるオペレーションシステムおよびウェブブラウザにおいて本サービスを良好に利用することができることを保証するものではなく、またそのような保証をするための動作検証および改良対応等を行う義務を負うものではありません。
  • 当社は、本サービスに中断、中止その他の障害が生じないことを保証するものではありません。
  • 当社は、本サービスの提供に際しては、バグ等が存在しないよう最大限努力を行いますが、本サービスは現状のまま提供されるものであり、当社は、本サービスのバグや不具合の不存在を保証するものではありません。

ご利用の流れ

FLOW
ヒアリング・デモ

お問い合わせ

まずは、資料ダウンロードよりAPI文書を入手して下さい。想定されているユースケースを共有いただける場合は、最適な用途をご提案します。
トライアル

トライアル

1か月の無償トライアルをお試しください。サンプルコードの提供も併せて、開発に必要な情報を共有させていただきます。
申込み・導入準備

申込み・導入準備

性能にご納得いただけましたら、お申込みください。利用規約またはライセンス許諾契約の内容をご確認ください。
アフターサポート

アフターサポート

導入後によくあるご質問や社内環境の変化に合わせたプラン変更など一括でサポートします。自社だけのプロセスフローを構築したり、新機能の実装要求についてはお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

Q&A

提供形態を教えてください。

原則として、SaaS形式となります。Saasの場合は、原則としてAmazon Web Servicesが提供するプライベートクラウド基盤上(東京リージョン)でのサービスとして提供されます。

最小契約期間を教えてください。

最小で12か月での契約で、原則1年単位の更新となります。

他の機械翻訳エンジンなど、外部サービスとの連携機能を追加することは可能でしょうか?

はい、可能です。企業独自のアプリケーションとの連携も可能ですので、ご相談ください。

PoCを行いたいのですが、可能でしょうか。

はい、可能です。貴社の目的に合わせ柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

機械翻訳サービスの利用料金は含まれていますか?

いいえ、機械翻訳を含む他社のAPI利用料金は含まれていません。

利用料金はいくらですか?

サービス利用料金は想定されるユーザー数、利用量(ファイルサイズ、リクエスト数)によって変動致します。ページ下部のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

お知らせ

NEWS

機械翻訳活用をご検討中の方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
API文書はこちらから
ご請求ください。
1か月の無償トライアル
サンプルコードも提供。
© Kawamura International Co., Ltd. All Rights Reserved.